交通事故治療

交通事故後に起こりえる症状

  • むち打ち症候群

    むち打ち症候群は、一般的には交通事故の後に生じる様々な症状を指します。
    整形学的障害:首、肩、背部、腰部、膝などの痛みや可動域制限
    神経学的障害:知覚障害、しびれ
    耳鼻咽喉科的障害:耳鳴り、聴覚障害、めまい
    歯科学的障害:顎関節痛、かみ合わせ、歯の損傷

    むち打ち症候群

交通事故に遭遇されてから施術までの流れ

  • ①けが人の救護と道路上の危険除去

    加害者・被害者問わず、負傷者を発見した場合はすみやかに救護し、二次災害が起こるのを防ぐために安全な場所へ移動させましょう。

  • ②警察への届け出

    事故の模様に関係なく、警察に連絡をし、事故証明書を交付してもらいましょう。

  • ③加害者の確認

    加害者の名前・連絡先・車の登録ナンバーなどを確認しておきましょう。

  • ④事故状況の記録

    余裕があれば、当日の様子や状況・事故の経過などを記録し、残しておくと良いでしょう。

  • ⑤ご自身の保険会社への連絡

    ご自身が運転していた場合、加入している保険会社に交通事故の報告をして下さい。

  • ⑥病院(整形外科)で診断を受けて下さい。

    事故直後は、自覚症状がなくても後で辛くなってくる場合があります。
    (診断書を発行してもらいましょう。)

  • ⑦当院にご連絡頂くか、ご来院下さい。

    施術については、何処で施術を受けるかは本人の自由です。
    ご自身が施術を受けて楽になると思える所に通院して下さい。
    当院で施術を受けられる場合は、診断書による負傷部位と保険会社の情報を提示して頂きます。

  • ⑧保険会社へ連絡

    保険会社に、当院で通院する旨をお伝え下さい。

  • ⑨問診

    事故の状況やケガの症状・経過をお聞きして、施術を行います。

  • ⑩施術スタート

    一般の保険治療と違い、交通事故では自賠責保険を使った自由診療となるため、保険治療よりも時間を取り、施術を進めていきます。
    (診療時間外でも対応していきます。)

  • ⑪施術期間中

    症状の経過を診て、施術方法を変えながら進めていきます。
    施術期間については、症状や個人差はありますが、3ヶ月で完治するように努力して参ります。

  • ⑫施術終了

    症状がなくなり、日常生活でも問題がなければ施術を終了し、保険会社に連絡をします。

  • 交通事故の補償について

      詳しくはスタッフまでお尋ねください。