初めての方へ

施術の流れ

  • 1.来院

    1.来院

    まず受付で「予診表」にお名前・症状など必要事項をご記入下さい。

  • 2.問診

    2.問診

    「予診票」をもとにして、わかりやすく問診いたします。
    (専門用語は使いません)

  • 3.説明

    3.説明

    問診をもとに、治療内容をていねいにお分かり頂くまでご説明致します。

  • 4.治療

    4.治療

    そして治療を行います。
    ※症状はそれぞれ個人差があり、治療方法は人によって様々です。
    当院は患者様や症状に合った治療をさせて頂きます。

  • 5.治療後

    5.治療後

    治療後に受付にて治療費をお支払い頂いて終了です。
    ※もしわからないことや不安な点があれば、いつでもスタッフにお気軽にお尋ね下さい。

Q&A

  • 健康保険を使うことが出来ますか?

    各種健康保険 労災 自賠責保険(交通事故)の適用です。
    明確な受傷原因があれば保険適用できます。

    いつ どこで どのようにして 負傷した。などの理由を考えて来院下さい。
    例:昨日 自宅で 布団を持ち上げた際 腰が痛くなった。

    保険を適用できない場合: 業務上のケガ 通勤災害(労災適用) 第三者行為によるケガ
    自傷行為によるもの 慰安目的なもの 慢性疾患

  • 他の治療機関でも併用して治療を受けられますか?

    整形外科や他の整骨院(接骨院)を併用して治療を受けることはできません。
    重複治療となります。
    どちらかの請求が返戻される恐れがありますし、重複して受けることで刺激が強くなり症状を悪化させる場合があります。
    ただし、整形外科などで膝を治療していて整骨院で腰を治療するなどは可能です。

  • 治療時間はどれぐらいかかりますか?

    初診時はお話をお聞きしてからになりますので一時間強程
    継続治療では40~50分程度の時間がかかります。

  • どのような治療内容ですか?

    アイシング(急性期は冷やす)
    マイクロ波(患部を温める 回復力を上げる)
    低周波(患部の筋肉を緩める 回復力を上げる)
    超音波(深部の組織を緩める 回復力を上げる)
    手技療法(組織を緩め血行を促進して回復力を上げる 体のバランスをとり回復力を上げる バランスをとることで負担が掛かっていた部分が解放される)
    包帯 テーピング固定(患部を圧迫固定することで組織液の吸収を促進 断裂面を近づけることで早期に回復 リンパの流れが良くなり回復力アップ)
    ウォーターベッド(全身のマッサージ効果)

  • どれぐらいの間隔で通院したほうが良いでしょうか?

    初めはなるべく続けて来院されたほうがいいと思います。
    症状が緩和されて来れば週に2~3回 週1回などで間隔を空けて来院されるのがいいでしょう。
    (一か月以上来院が無い場合は初診となりますので初診料が発生します。)

  • 温シップ・冷シップのどちらが良いでしょうか?

    温シップも冷シップも温めたり冷やす効果はありません。
    冷たい暑いなどの皮膚感覚の違いです。ご本人の好みで使用されるといいです。
    ただし、温シップはトウガラシ成分などが入っていてかぶれやすい人は避けた方がいいです。
    しかし、急性期疾患などで冷やす場合はシップよりも氷嚢など作って患部を冷やしてください。
    長時間冷やさずに10~20分冷やして間をあけて冷やすことを繰り返します。
    急性期を過ぎれば次は温めて下さい。
    (急性期ではじっとしていてもズキズキするなどの痛みが目安です)

  • 治療を受けてすぐに治りますか?

    場合にもよりますが手術ではないので劇的に回復するということは期待できません。
    バランスを整えたり患部の血行を良くしたりすることで患者さんの自然治癒力を高める手助けをしているのです。
    しかし治療しても日常生活で無理をすれば悪化したり回復しない場合もあります。
    患者さんによく説明するのですが変形している骨は手術しない限り治りません。
    しかし変形は治せなくても痛みを緩和したり日常生活で楽に生活することはできると考えています。