症状について
  • 五十肩(四十肩)

    肩関節周囲炎 類似症状

  • 関節症

     主な症状:夜間痛(寝ている時に疼く)、動作時痛(手を挙げると痛い)、放散痛、関連痛(上腕部、肘、前腕部まで痛みが出る人が多いです)
     初期:ズキズキするような痛みがある場合はアイシング、安静が効果的です。(一週間程度)
     初期以降:積極的に動かせる範囲で動かし、温めるようにします。*ただし、痛みが出ることは厳禁です。
     体操:アイロン体操(コッドマン体操)が有名です。
     運動:チューブトレーニングでインナーマッスル(回旋腱板)を鍛えることをお勧めします。インナーマッスルは肩関節の運動調節をする働きがあり、上腕骨の転がり運動、すべり運動に関係します。

     俗にいう五十肩と言うのは総称で色々な肩の痛みを纏めて五十肩(四十肩)と言ったりします。原因の一つとしては年齢による肩の変性です、40代50代ぐらいになると関節の軟部組織の変性や関節の動きを助けるクッション材(滑液包)の役割が悪くなり摩擦が起き痛くなります、また、関節の空間(関節腔)が狭くなることによって関節の動きが悪くなる場合、関節を動かす時に腱や靭帯が挟まれ圧迫されることで痛みがでる事があります。前述した症状の場合は出来るだけ肩を痛くない範囲で動かし治療と並行することで早く治ります。痛いために動かさずに時間が経過してしまうと痛みが消えたけれど関節可動域が狭くなり肩が上がらないということになる場合もあります。
     上腕二頭筋腱炎は上腕二頭筋の腱が上腕骨の溝を走行しています、この溝で炎症が起きやすく肩を上げたり、重いものを持ったりした場合に上腕部に痛みが走ります、五十肩と混同される場合もあります。
     筋肉内に石灰化がある場合、外見からは見分けがつきませんが石灰化している為動かすと痛みがでます、レントゲンを撮ると石灰化部分が写ることで診断出来ます。この場合患部へのマッサージは避けてください。
     関節唇の損傷による場合、関節唇とは膝で言う半月板にあたります。この軟骨がなんらかの原因で損傷しているために痛みが出ます。整形外科で診断して貰いましょう!