症状について
  • 腰痛

    ぎっくり腰〈急性腰痛〉、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、椎体圧迫骨折、筋肉、筋膜から来る腰痛など

  • 交通事故傷害

     主な症状:動作時痛(前屈みで痛い、後屈で痛い、捻じると痛い)、座っていると痛む、しびれ、神経痛(坐骨神経痛、大腿神経痛)腰が抜ける感じがする など)
     初期:急性腰痛の場合はアイシング、コルセットなどをして安静にする。ただし、動かせる範囲は動かす方が良い。
     初期以降:患部はアイシング、周りの筋肉はほぐし、温める。体を動かすことによって硬直した筋肉を緩和させる。
     体操:椎体圧迫骨折(ベーラー体操)椎間板ヘルニア(マッケンジー体操)
     運動:歩くことで全身の筋肉を鍛える。腹筋、背筋を鍛える。

     ぎっくり腰(急性腰痛)は魔女の一撃とも言い痛みで動くことが出来なくなる場合もあります。急激に重たいものを持った為に起こる場合やちょっとした動作(朝洗面台で前かがみになるなど)で起こる場合もあり、常日頃からの予防やケアが必要です。日常生活で腰へのコンディションの許容範囲を超えてしまうと少しの動作で起こりえます。
     椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間の椎間板と言う軟骨が後方へ飛び出した状態を言います。ただし、椎間板ヘルニアになっても自覚症状がない人もいます。飛び出した軟骨が神経を圧迫したり炎症を起こしたりすることで腰痛や下肢への神経痛が発生します。椎間板ヘルニアの人は重いものを持つ行為、前かがみの姿勢は避ける方がいいです。
     脊柱管狭窄症 症状としては下肢の痛みがあり間欠性跛行が特徴です。間欠性跛行とは少し歩くと下肢痛が発生し休憩するとまた歩けるようになる症状です、脊柱管狭窄症は背骨で形成している脊髄神経が通っている管が狭くなる症状で、狭くなる要因としては背骨の変形や靭帯などの石灰化など複合的な要因で狭くなります。残念ながら脊柱管狭窄症は手術でもしない限りは狭くなっている所が広くなることはありません、しかし症状が緩和されるケースもありますのでご相談ください。
     脊椎分離症すべり症の患者さんは本人も知らずになっている場合が多く、背骨を反らす動作は良くありません。多くは若い成長期に発生している場合があり自然と治ると言うことはありません。一度整形外科で診断して貰うことをお勧めします。
     椎体圧迫骨折は背骨の胸椎と腰椎の移行部で骨折する事が多く、お年寄りに多い怪我と言えます、中には知らない間になっていることもあり、尻餅をついたり前かがみになったりしただけでなるケースもあります。あまりにも強い腰痛が続く場合は一度レントゲンを撮ってみてください。
     筋肉や筋膜による腰痛 ほとんどの腰痛がこの筋肉によるもので筋肉の硬結部位が痛みを発生させます。腰痛は腰だけの問題ではなく臀部や下肢の筋緊張の影響で腰の筋肉が引っ張られて痛みを発生する場合もあり、ストレッチや運動で予防できます。